ブログは下記欄に

4月18日  M磯釣行

大潮満潮午前4時の天気予報で俄然釣行気分が高まり、3時過ぎに起きてコンタクトレンズを着用、しかしこのコンタクトがなかなか入らない。あれやこれやでけっっきょく4時に出発。

到着時は明るくなりほぼ潮止まりです。

更に画像のようにべた凪澄み潮にすこしがっかり。

先客がお一人いらしたので話しかけてみる。

「エサ取りばかりで……」


潮を観察してから仕掛けをチョイス。

遠投もあると思い、シマノファイヤーブラッドLの0ウキにグレックス0ハリスウキ、ハリス3ヒロにフタヒロあたりにハリスウキを装着した。

ハリスは澄み潮対策としてグランドマックス1.2号とした。

コマセを撒きしばし海中観察。

下記画像のように1投目からウミタナゴの集会場だ。


コマセを足元に徹底的に撒き取りを集めておきそこから潮下3メートルあたりに仕掛けを投入しフタヒロ下に合うように流してみる。

ハリスウキにあたりが出ないが直ぐにサシエが無くなる。

G5.G7のガン玉をハリスに打ち、仕掛けが立てばハリスウキがやや沈む状態にして打ち返してみる。

しかし結果は変わらない。

ノリを砕きコマセに混ぜアオサを餌に変えてみたが数十分何も反応が無い。

結局この状態が続き風も強くなって来たので3時間程度の釣りではあったが、早々に納竿とした。

釣果は、ウミタナゴ、青いベラだけで今日もタモは磯の飾りに終わってしまった。

時間もあるのでお隣さんとしばし会話して過ごしている時にウキに渋いあたり、まるでヨレでしもる程度にしか見えない。

しばらく送り込んで、合わせたのが型の良いバリだ。
30センチ以上ありそうだが強引な抜きで、竿がギリギリだなあ〜なんて呟いていました。


近くで小学生の磯師が手返しも早く、ラインメンディングまでこなしている将来何処かのテスターかと思わせるような天才ちびっ子を見かけ話をしてみたら、最高47センチのクロダイを取ったと教えてくれた。

手際よい竿さばきが決まっていた。

下記はTALEXで撮った写真です。
エサ取りの姿がばっちり映っています。
正月に太腿筋肉切断と言うアクシデントでほぼ3ヶ月HOMEに釣行出来ない事態にみまわれやっと昨日(3/26)釣行を達成した。 

なんと半年程訪れていなかったのだ。 

それまでは釣り具カタログを眺めては釣り具のポイント通いで道具を買い足すプチ喜びの日々・・・^_^  

久しぶりなのでマル氏にM ISO釣行 誘いを入れたら喜んで快諾してくれた。 

さて本題の釣行だが、到着は12時過ぎで、磯はほぼ満員状態。 

不本意だが裏向きのカジメビッシリの浅場しか出せない。 

それでもこの釣り座でもおいらとマル氏にも久しぶりのホームなのでワクワクしている。 

今回は新調したタモB-BX5.5mにタモ枠チタンワンピースのホームデビューなのでなんとしてもタモサイズを獲りたいのだ。 

釣り具2箇所にチャランボを打ち込む白いタモを掛ける。これだけでもプチ満足なおいらだ。 

準備を整え早速釣り開始です。 

今回はメガネを止めコンタクトレンズと偏光サングラスも購入していたのでこいつもまたISOデビューなのだ。 

この偏光サングラスはポイントで偏光サングラス受注会でのおすすめTAREXのものだ。 

このサングラス本当に凄い、底まで見えるのだ。 

今までの偏光がオモチャレベルに感じる。 

到着時は光透過率50%のグレーを使用していたが、かなり眩しいので透過率15%濃いめのグレーに掛け替えてみたら更に沖まで海況がわかる。 

この海底の形状で潮はベタ凪のうえ干潮、更に水温は13度ぐらいではと想定して0ウキ、ハリス1.5  2ヒロ半、このハリスにグレックスのハリスウキイエロー0をチョイス。 

棚の設定は2ヒロ、仕掛けが真っ直ぐ立つとほぼ根掛かりしてしまうウキ下だが針はヒネクレグレ5号とスレで軽量なので一流しは可能と判断。 

暫くはサシエも取られな状態でのんびりムードで身体ならしには良いかなと前向きな姿勢😅 

するとお隣の方が1時間程出掛けるので釣り座を譲ってくれました。 

レイバンの傾きサングラスにニッカボッカに任侠系のスカジャンの装束で強面風の方だが、なんと親切な方なのか。 

早速甘えて釣り座に入らせていただいた。 

3投目あたりからキワでコッパが見え始めた。 

そんな中下の方にやや大き目のメジナが見える。 

今までのサングラスでは確認出来なかったと思う程驚きながらこのキワにポイントを変え攻めてみる。 

ハリスウキにアタリが出ないのにサシエが直ぐになくなるのだ。 

30cm程ハリスウキを下げジンタン7号を打ち再度キワヘ仕掛けを送り込む、するとハリスウキがモゾモゾシモリそのまま数秒止まっている。 

そしてフリーにしていた親ウキまでスーッと入って行った。 

優しく合わせを入れレバーをガッチリと握る。 

浮いてきたには良型と思えるメジナだ。 

さあ〜今度はB-BXタモの出番だ。 

軽くて、スーッと伸びて適度な張りでGOODな取り込みに、これまたプチ満足。 

36cmのクチブトであった。 

そのあと足裏サイズが続く、更に30以上ありそうなアイゴまで登場。 

浅場で格闘していたマル氏は金色のギンポというのかアナゴの子供みたいな魚持って来て「これ触っていいの?」だって。 

その数投後マル氏に事件が・・・^_^ 

グーンと竿が絞られて曲がっている。 

上達度の上がったやり取りを見ながら安心してタモを取りに行き、浮いた姿は40はありそうなクチブトだ。 

よくぞ浅場もキワで更にカジメビッシリの中浮かせたと感心できる。 

心地よくタモに収まり自宅で測ったら39.7cmなんとあと3ミリ足らないのだ・・・^_^ 

それでもマル氏自己最高記録の型だ。 





その後マル氏30cm少し超えたクチブトもゲット!

お隣さんが戻って来たので釣りたての30オーバーを場代と称して献上。^_^

元の釣り座に戻り続けたが型の良いアイゴだけでおいらはこれで納竿。

マル氏は最後にウキが5m程飛んで行くような激しいアタリ。

数秒のやり取りをしたが痛恨の高切れ。

やり取りを眺めていたが、竿はのされてはいなかったのでBIG SIZEではないかな。

今までに味わった事のないやり取りで腕が上がらない程のサイズにびっくりしていた。

ウキが瞬時に5m程飛んで行くような泳ぎの速さからヒラスズキかオナガかも・・・と残念がるマル氏が頼もしくも見えた。

因みにマル氏もライジャケをポイントオリジナル武勇伝からガマカツの「がま磯」を購入してのホームデビューを飾った。

何故か夕陽が絶景に感じたのであった。