全層釣法 こんな海況ならどう釣る。

 Aパターン
◯低水温期・凪、弱風
○前提条件  冬季12月〜3月
天候 晴れ・風北西4m・波1m・澄み潮
○狙うポイント
磯際・近距離・棚8〜10m
○釣法
全層沈め

下記のBパターンと同海況条件下。(三浦ではこの海況が多い)

ここではよりグレの活性が低く警戒心が強い時期の釣り方を紹介してみよう。

仕掛け
ハリス5m、針4から6号軽量細軸(私の場合はスレ針)
ウキ00、ウキ止めを結びウキ30cm上に目印糸を結び、ガン玉は打たないが塩分濃度が高い時はナビ直下にガン玉G7あたりを打つ。
これでウキの動きを観察しながら目印糸がウキに近ずけば馴染んだ証なので、ここでラインスラッグを多目に出して更に馴染むことの確認をする。

馴染んだ後ウキがスッと沈んだり不自然な動きがあればロッド操作で軽く張りを掛ける。
ここでの注意点は付餌を動かさない張りです。

付餌が動く張りを掛けると警戒心が強いグレはこの付餌に見向きもしません。

ここでアタリがない時は思い切ってロッド1本分のスラックを更に出します。
ウキが沈んでいれば目印糸で、これも沈んでいればラインの模様や動きであたりを取ります。

撒き餌さと針は底付近で合わせるように撒くポイントを見定める必要があります。
これはグレの活性が多少でも上がると通常の釣り方では中層の30cmほどの小型グレに撒き餌を合わせてしまう場合があるからです。

ガン玉無しの状態でもハリス、針の重量が撒き餌さより勝るので仕掛けを投入する際は撒き餌と距離差を取った上でキャストする。
撒き餌、仕掛けキャストのローテーションが重なれば、同じ底付近のポイントへ撒き餌が効いて来るので
この時間差タイミングを活用する事で同調の煩わしさが軽減出来ると思います。


Bパターン
○低水温期・凪、弱風
○前提条件  冬季12月〜3月
天候 晴れ・風北西4m・波1m・澄み潮
○狙うポイント
磯際・近距離・棚8〜10m
○釣法
全層沈め


低水温でのグレの活性は低く、棚は深いと思います。

これは海底の瀬や根の中にじっとしている事がほとんどだからです。
高水温期に比べてグレの活動する範囲が狭いので、可能な限り付け餌をグレの口元近くまで入れ込むことが必要です。

ここで上記の条件での釣り方の一例をお話しします。
○仕掛け
ウキ:S〜M -0・0・00・000
0を選択する場合は下潮の状態によりガン玉を打つことを考慮する。
ハリス:1.2号  3ヒロ
針:グレ4〜5号
目印用ウーリー50cm毎3箇所結んでおく。

撒き餌は足元から潮上に出ていく引かれ潮か、通常の潮上から入れて、底での仕掛け同調を心掛けます。
ですが、ただ撒いてから仕掛けを入れるだけではなく、仕掛け回収時に数杯潮上に入れてから仕掛けを回収します。


これは仕掛けが軽く深い棚を釣る時のセオリーでもあります。
理屈は一つ前の撒き餌で、次の仕掛けのキャストで釣ると言うことなのです。



【仕掛けの重さにもよりますので、仮に重めの全層釣りの場合は理屈が異なりますので、あくまでも上記の軽い仕掛けでの全層釣法としての説明です。】

ハリスはフロロカーボン、針は金属と、これだけで撒き餌より早く沈んでしまいますので、一つ前の撒き餌で底合わせをします。

仕掛け回収時に撒いた撒き餌は、この仕掛けに底近くで追い越されて後から同調させるイメージです。

仕掛け投入前の撒き餌は、この仕掛けに追いつき第2番目の同調を演出します。

仕掛け投入後に撒く撒き餌は次のキャスト用として撒きます。

ウキが沈み、あたり棚が分かり辛いのでウーリーであたり棚を取ります。

あたりが有れば、ここをあたり棚に設定すれば、仕掛けの張りの強弱でハリス角度がつけやすく、釣れる確率が上がると思います。

棚決めをする場合、棚が浅ければ固定ウキでも良いのですがグレの口にはウキの重みがかかると吐き出されますので、ここでは、極力軽いウキを用いて、ウキ止めをなくす方法にて解説しておりますので、ウキ止め無しでの仕掛け作りが良いと思います。

特別なテクニックは要りませんので、手返しのリズムを前後の撒き餌の沈下スピードに合わせることです。

それには仕掛け回収、付餌付け、キャストのパターン速度を早める練習が良いと思います。


釣り方参考:
磯釣り小さなテクニックあなたもこれで必ず釣れる!をご覧ください。

中水温期・春季高波、強風

Aパターン
○水温16〜18度台水温期・高波・強風
○前提条件  春期3月〜5月
天候 晴れ・風北西6〜7m・波2m
○狙うポイント
近距離から払い出し先まで棚5〜7m
○釣法
全層沈め

この季節になると地合いでは良型も浮い来ることがあります。

地合いでないときは、やや深棚まで探る釣りになると思います。

強風波高の条件だと軽い仕掛けよりは、やや重めの仕掛けが釣り易いですね。

ここでは、上記条件の状況での釣り方の一例をご紹介しましょう。

道糸1.7号サスペンド、ハリス3ヒロ、ウキ風や潮の速さにより2Bから5B、針は太軸4〜5号。

潮の状態を考慮しますがウキが波の下を潜るような浮力過多気味の設定にします。

下潮が速ければガン玉は段打ちにします。

この場合基本はガン玉は重い順に上から打ちます。

この下のガンに下潮を掴ませ、針先行で流すようにラインとロッドをマネージメントする必要があります。

大抵は払い出し先端でウキは止まり、撒き餌もこのカベで縦に溜まりますので、ここがポイントになります。下段画像参照
 
この際、ウキか先行していては潮壁を上から縦に探れないここと餌を咥えても鮮明にあたりが出にくいですから、必ず針先行で流す事が不可欠です。

針を先行させるためには、キャスト時にサミングをして、針が沖に置かれるようにします。

ラインは直ぐに海面に置きます。

風が強いとキャスト時に風下へ糸フケが出やすいのでサミングと同時に風上へロッドを振ってラインを風上へ大目に出します。
そして、直ぐにロッドを下に向けます。

思い通りのラインがトレース出来たら穂先を海水に突っ込み風に干渉されないようにします。

この場合ラインが張られてオープンベイルで押さえた指が弾かれるような流し方ではいけません。

この張りながらのラインコントロールでは、ウキが引っ張られ、付け餌が踊ってしまいますの。

狙う潮壁まで流れるまで大きく風上へ向けてラインスラックを出します。
風にラインが取られるとトレースしたラインから仕掛けが外れてしまいますのでこのスラックを置く位置には細心の注意が必要になります。

本流などでは張りながら流す事が殆どですが、この場合は本流ではありませんので、張ってしまうと仕掛けが浮いたままになり、撒き餌のと同調が難しくなります。

潮壁まで遠ければ、この作業を繰り返すことで潮筋から外れないオペレーションが可能です。

このように上潮と風を味方につけることで狙ったポイントを直撃できると思います。

高水温期 凪・弱風
高水温期・高波、強風