全層釣法 こんな海況ならどう釣る。

 
○低水温期・凪、弱風

○前提条件  冬季12月〜3月
天候 晴れ・風北西4m・波1m・澄み潮
○狙うポイント
磯際・近距離・棚8〜10m
○釣法
全層沈め


低水温でのグレの活性は低く、棚は深いと思います。

これは海底の瀬や根の中にじっとしている事がほとんどだからです。
高水温期に比べてグレの活動する範囲が狭いので、可能な限り付け餌をグレの口元近くまで入れ込むことが必要です。

ここで上記の条件での釣り方の一例をお話しします。
○仕掛け
ウキ:S〜M -0・0・00・000
0を選択する場合は下潮の状態によりガン玉を打つことを考慮する。
ハリス:1.2号  3ヒロ
針:グレ4〜5号
目印用ウーリー50cm毎3箇所結んでおく。

撒き餌は足元から潮上に出ていく引かれ潮か、通常の潮上から入れて、底での仕掛け同調を心掛けます。
ですが、ただ撒いてから仕掛けを入れるだけではなく、仕掛け回収時に数杯潮上に入れてから仕掛けを回収します。


これは仕掛けが軽く深い棚を釣る時のセオリーでもあります。
理屈は一つ前の撒き餌で、次の仕掛けのキャストで釣ると言うことなのです。



【仕掛けの重さにもよりますので、仮に重めの全層釣りの場合は理屈が異なりますので、あくまでも上記の軽い仕掛けでの全層釣法としての説明です。】

ハリスはフロロカーボン、針は金属と、これだけで撒き餌より早く沈んでしまいますので、一つ前の撒き餌で底合わせをします。

仕掛け回収時に撒いた撒き餌は、この仕掛けに底近くで追い越されて後から同調させるイメージです。

仕掛け投入前の撒き餌は、この仕掛けに追いつき第2番目の同調を演出します。

仕掛け投入後に撒く撒き餌は次のキャスト用として撒きます。

ウキが沈み、あたり棚が分かり辛いのでウーリーであたり棚を取ります。

あたりが有れば、ここをあたり棚に設定すれば、仕掛けの張りの強弱でハリス角度がつけやすく、釣れる確率が上がると思います。

棚決めをする場合、棚が浅ければ固定ウキでも良いのですがグレの口にはウキの重みがかかると吐き出されますので、ここでは、極力軽いウキを用いて、ウキ止めをなくす方法にて解説しておりますので、ウキ止め無しでの仕掛け作りが良いと思います。

特別なテクニックは要りませんので、手返しのリズムを前後の撒き餌の沈下スピードに合わせることです。

それには仕掛け回収、付餌付け、キャストのパターン速度を早める練習が良いと思います。


釣り方参考:
磯釣り小さなテクニックあなたもこれで必ず釣れる!をご覧ください。





アップ予定
低水温期・高波、強風
高水温期 凪・弱風
高水温期・高波、強風