2019年SHIMANOフィッシングウェアから新しい素材とデザインが発売されました。

こちらのウェアに付いての比較をしてみました。

《画像上》
◎パンツ
◯デュラストファイヤーブラッドパンツ
   ¥18700左上
◯ゴアウインドストッパーファィヤーブ
 ラッドパンツ
   ¥22500右下
◯ファィヤーブラッドデュラストパンツ
●磯での激しい動きに追随するストレッチ素材、デュラスト3層生地を全面に採用。防水シームテープのない防風仕様
●裏は着ごこちの良い起毛素材
●ウエストベルト付
●ベルクロタブ付の裾アジャスト

東レが開発した撥水・透湿・高伸縮の素材を用いたパンツが発売された。

機能面では3層生地でシームテープを用いない仕様はとても魅力的であるが、裏起毛仕様で着用シーズンは限られる。


着用感はすこぶる良い。
しかしながらこのパンツ人気が無い理由がデザインのようだ。

リミテッドプロのブラックとファィヤーブラッドのレッドの2タイプがラインナップされている。

◯ファィヤーブラッドゴアウインドストッパーパンツ

●優れた防風性、透湿性、撥水性を発揮するGORE®WINDSTOPPER®素材にストレッチ性能をプラス。

 立体裁断との相乗効果で、磯での激しい動きに追随
●ファスナーの開閉でムレを解放するベンチレーションを太腿両外側に配置
●ベルクロタブ付の裾アジャスト
●邪魔になりにくい薄型のウエストバックル

こちらは2018 年から引き続き発売されているモデルであり、ゴアテックス社のオリジナルゴアウインドストッパーが採用されている。
透湿防水性能は抜群であり、やはりこのモデルの人気は高いようだ。 

デメリット:Mサイズを購入したが股下が72cmと短い。
価格はデュラストタイプと比較すると少し高価であるがやはり着用してみると細身の仕立てと適度な張り感とストレッチはとても良い着用感である。

デザイン面でもブラック・レッド・ゴールドとフィッシングシーンでも映える印象であり、機能面、デザイン面とを比較すると釣り人感覚ではこちらを選択したくなる。
◯2015ブレスハイパーリミテッドプロ右
◯2019 ブレスハイパーファィヤーブラッド左

右 こちらは旧モデルであり、今季の物と比較すると厚手であり裏起毛が硬くインナー・アウターとの相性にもよるが滑りが悪くロッドを振ったりする際にウェア同士でのこすれ感がある。

今季ものよりは暖かいのだが着用による突っ張り感は否めない。

表面の処理も今季物よりゴワツキ感があり毛羽立ちしやすい。

ブレスハイパーは蓄熱素材であるが正直MIZUNO社から出ているブレスサーモとでは比較にはならないほど蓄熱機能は期待出来ない。

◯2019 ブレスハイパーファィヤーブラッド

こちらのモデルより素材は薄くなっている。

その分動きやすく裏起毛も柔らかめに仕立てられこの辺は改善されている。


薄手になったことで通年の出番は多くなるわけだが、本来の蓄熱素材であるにもかかわらずこの機能は未だ改善されていない。

MIZUNO社のブレスサーモを参考にして欲しいものだ。

ストレッチ性は高くなり磯での動きにも追従するアクティブ性能は高くなったようだが、薄手になっただけ動きやすくなったとも捉えられる。

価格は高くなったのだが機能は変わらずでは、進化という触れ込みはいかがなものか。

デザイン面では、よりファィヤーブラッドのカラーに近づき、磯での存在感は抜群である。
画像タップで拡大