Gure 8

Time is Forever on the Seashore by Team GURE8

 Copyright 2014.1 LIG inc.All Rights Reserved.GURE8 Produce byTeam GURE8 INSTRUCTOR'S.

💥New published🎣

2017.10.17城ヶ島

2017.10.18 城ヶ島

前回青物にメジナと好調だったこともあり今日はマル氏と城ヶ島へ向かった。

到着は1時過ぎであるが3時半までは潮が動くのでこの上げ潮を狙っての釣行である。

しかし狙いのポイントは波が高く、ひな壇・猪子には入れない。

予報より荒れ気味で、東側での東西の入りは満員、それ以外は立てそうもない海況であり、釣り座確保が難しい状況である。

そこで不本意ではあるが、釣り座の空きを見にホテル前に行ったら、幸運にも、がまかつで決めたナイスガイのベテラン紳士が釣り座を譲ってくれた。
ここは、飛沫を避けられるだけにありがたい事である。

このベテラン釣り師としばし釣りのレクチャーをしていただき、ベテランならではの釣技を授けていただいた。

状況だが、外向きはほぼ全滅のようで大勢がワンド内向きとホテル側に釣り座を構えていることもあり、ここを開けてくれたことは本当にラッキーだ。

他には岩の割れ目程の隙間のような釣り座しかないのだから本当についている。

二人並んでは少々狭いがここで行うことにした。

マル氏はG2ウキをチョイス、やや重めでサラシ下を狙う仕掛けだ。

おいらは、準備をしている時、つまずいた拍子にファイヤーブラッドの穂先を又々折ってしまう。(*≧∀≦*)

予備の1.25の竿を出し、ハリス1.5号を8m程取り、ハリスに00ウキにナビG2を装着し、目印に赤、緑のウーリーを結んでおく。

G2ナビと針の間にガン玉を2点打ち、サラシ先端に仕掛けを縦に入れ上ウキをも潜らせてから張る作戦だ。

 マル氏は1投目から良型ウミタナゴを引く抜く。
その後足裏程度を抜いている。

おいらはと言うとチビバリばかりが掛かりグレはなかなか掛からない。

すると画像のように可愛い二ャンコが道具の隙間からこちらを見ている。
そうチビバリをくださいビームを出しているのだ。

仕方なくあげたら、このチビバリに気を良くしたようで、この後はぴったりとおいら達にくっついているではないか。

時折、手の平グレが釣れるとバリが釣れた時とは違う目でそわそわしている。

だがグレはリリースと決めているので見せつけるだけなのだが、ニャンコはピクピクするばかりだ。(^_−)−☆

前半は、マル氏はまあまあの釣果であったがオイラはコッパとバリの連釣であった。

開始して1時間半過ぎた頃から足元まで波が這い上がり始めたので、高場へ移動したがここも飛沫が強く、移動を考えていると、隣のBB-Xでびっしり決めているダンディ釣り師がこちらへ来て『上がりますのでどうぞ。』と声を掛けてくれた。

甘えさせて頂きこちらへ移動する。

もちろんニャンコも付いてくるからマル氏は自身の飼い猫になったように話しかけているから面白い。
この後もバリ、フグ、海タナゴ、手のひら、足の裏程度のグレと代わり映えない釣果であった。

タモも残念ながら、チャランボに金縛って繋がったままであった。(๑˃̵ᴗ˂̵)

納竿時には、ニャンコも結局4尾を胃袋に詰め込み、ご満悦で毛繕いしていた。

キープは無しだが嬉しい釣行であった。

今日の釣り座はダンディ釣り師の方々のご好意で幸運な釣り座での釣行であった。

また思わぬ来客ニャンコも寄り添ってくれて、お二人共に、プラスニャンコもありがとうございました。



画像をクリック

ウーリーを探せ‼️

画像をクリック

シマノ田中修二氏に聞く あなたもこれで必ず釣れます。釣果を大きく左右する小さな基本テクニック

                                                                画像をクリック☝️
画像をクリック☝️

New hypper force impression

画像をクリック


ダイワ•シマノレバーリール比較

画像をクリック
画像をクリック
画像をクリック


居食い、サラシ下の誘い方

画素をクリック

良型をコントロールする

画像をクリック

高水温期 磯際

画像をクリック

ヨレを攻略する二段ウキ

画像をクリック
画像をクリック
画像をクリック

トーナメントキャスト


画像をクリック
画像をクリック
トーナメントキャスト

仕掛けとコマセの同時打ち 餌取りの中を強行突破

画像をクリック
画像をクリック

合わせのタイミング

画像をクリック



餌取り対策移動編

画像をクリック

ヨレ・壁・潮目の違い

画像をクリック
画像をクリック

寒グレ期からの撒き餌さについて

画像をクリック
画像をクリック

撒き餌の活用法


 画像をクリック

当て潮攻略

画像をクリック
画像をクリック

二枚潮縦横攻略

画像をクリック
画像をクリック

根に入られた時の対処方法

画像をクリック
画像をクリック

ラインマネージメント


画像をクリック
画像をクリック

ラインコントロール

 画像をクリック

サイトガイド


画像をクリック


あれこれ気ままなインプレッション
あれこれ気ままなインプレッション
釣りの道具と言っても様々な仕様や釣りスタイルで用いられます。
似たようなモノでも実際にハンドリングしてみると目的に合うものや
高価な割りにしっくりこないものなどあります。
実際に使ってみた感想を私見として掲載しています。


リンク
リンク
釣りをこよなく愛する釣り仲間のサイトをリンクしました。
是非三浦半島へ釣行する際にはご覧ください。
興味深い内容が満載です。

潮を詠む
潮を詠む

海は天候と潮の流れによって色々な表情に変わります。

海況に伴うアプローチの仕方や仕掛けなどを我流技にて掲載しています。

別サイト釣行記旧
別サイト釣行記旧
2013年の釣行記などを別サイトで掲載しています。

GURE 8
画像をクリック
画像をクリック
 2017年フィッシングリポート