Gure 8


Time is Forever on the Seashore by Team GURE 8

The latest of writing

最新記事

NEW💥Mで高水温の寒グレ2018.2.22

Latest Report

最新釣行リポート


For Advanced Users

磯釣りハイテクニック

当て潮攻略 2018.11.4

Technique

魚を沢山獲る釣技

🆕🔥潮目を狙え!実釣編2018.12.6

Impression

比較・インプレッション


高水温なのに寒グレ2019.2.22 M

2019.2.22 M
この日の予定がキャンセルになり急遽時間が空く。

天気予報は午後から雨ですあるが小雨だと思いMへ出掛けてみた。

到着するも曇天であり釣り人は誰も居ない。

ゆっくり支度をする。
午前の下げ潮狙いなので、オキアミ1角、配合2袋で纏める。

タックルはファイヤーブラッド、新たに巻いてきた道糸はPEG、中ハリス、下ハリス、ウキはソルブレアロー、針5号で組む。

海水に手を入れると生温かい。
案の定、コマセを数杯撒いただけで無数の餌取りが現れる。

この餌取りの居ない沖は付餌は取られらないが、餌取りの範疇ではあたりの無いまま、直ぐに付餌が取られる。

1時間ほどこの繰り返しでキタマクラだけが乗ってくる。

ハリスを切られるので針を何度も結び直す。

すると聞き覚えある声で呼ばれたので振り向くとD氏である。
しばし最近の状況を尋ねると、数釣り出来るほど良い状況だと話してくれた。

棚、タックルのアドバイスを頂き、仕掛けを作り直す。
久しぶりに2人並んで釣り座を構えた。

未だ他に釣り人もなく2人の貸し切りである。

風が強く、寒いのだが、幸いにも北の追い風でありコマセ、仕掛けは狙い通りにキャスト出来る。

そして直ぐに40cmほどのバリが乗る。

そうこうしていると隣のD氏の竿が大きく曲がる。 

取り込んだのは40cmジャストの太ったグレである。
正に寒グレそのものである。

足元のコマセを観察すると大量の餌取りの中下層に大きなグレが集まり始めた。

30後半はあろうかと思うグレがヒラを打っている。

こいつに狙いを絞り、あれやこれや試すも餌取りの餌食となる。
仕掛けを重くするとキタマクラに餌取り、軽くしても同じ状況である。

下層まで付餌が届く前に餌食となってしまう。

相変わらず下層のグレは優雅にヒラ打ちを繰り返し、こちらを揶揄うほどに白い腹を出している。

D氏はと言うと、この際には眼もくれず沖カジメの切れ目逆波の発生しているヨレ筋を繰り返し打ち返している。

やはりこの潮筋が正解で30オーバー、28cmほどのオナガと連打している。

その間にも良型に潜られてのバラシが二回と、やはりこの磯をモノにしているエキスパートである。

オイラは、それを横目に、未だ見えている良型に諦めがつかず、竿を磯際に貼り付けて、際ギリギリを徹底して狙うも全く相手にしてもらえない。

結局オイラも沖のカジメの切れ目狙いに仕掛けを変え、やっとこれで31cmが乗る。

ここからはコツンと言うあたりと共に付餌が取られる。

PEラインにフロロの中ハリス、下ハリスではラインに伸びがなく吐き出されてしまう。
ナイロンラインに変え時だが、せっかく新たに巻いたPEGなのでどうしてもコイツで釣りたい。
何度も予備スプールに手を伸ばすが、PEGで釣りたい。
その思いこそが、実は釣れない原因になっているようである。

途中で昼食がてらプライベートな話を聞いていただいたり、楽しい時間を過ごす。

この時にD氏からナイロンラインに戻した方が釣れると思うとアドバイスを頂いた。
気遣いある表現で、氏の思い遣りを感じるひと時であった。

後半から案の定、雨に変わるも風が止み寒さも緩和されたので、抜管の蓋を締め、そのまま続けるも、ここからは全くあたりもなく、結局ここで納竿とした。

D氏の粋な計らいでオイラのスカリに40・30オーバーオナガを忍ばせてくれた。

オイラのキープは一尾であったが持ち帰りのバッカンはずっしりと心地よい重量を味わいながら磯を後にした。

Dさん、的確なアドバイスありがとうございました。
またご一緒してくださいね。



Copyright 2014.1 LIG inc.All RightsReserved.gure8 Produce by Team GURE8 Instructor,s